今一つ真意分からぬ「非友好国家」指定 一方、米露接近の首脳会談、中露分離作戦か

今一つ真意分からぬ「非友好国家」指定 一方、米露接近の首脳会談、中露分離作戦か

🔻名指しされた米国とチェコ
  なぜウクライナは入らない?

 ロシア政府は5月14日、ロシアに非友好的態度をとる国家として、米国とチェコの2カ国を名指しし、今後、両国の活動に対抗することを発表した。既にプーチン大統領は4月21日、恒例の年次教書演説の中で、「ロシアの国益に反する挑発を行う者たちは、今後、後悔するだろう」と発言していた。

 ザハーロヴァ外務省報道官は、「米国の敵対的行動への回答だ」と言い、あわせて米・チェコの在露大使館施設などでのロシア人雇用は、今後、制限もしくは禁止すると述べた。

 米国政府は2016年の米大統領選以来、米選挙への介入を行ったと非難し、ロシア外交官の国外追放を行ってきた。これに対し、ロシア側も、同様な措置を行い“外交官追放合戦”が続いていた。

この続きをみるには

この続き: 2,239文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

今一つ真意分からぬ「非友好国家」指定 一方、米露接近の首脳会談、中露分離作戦か

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/