月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
米国で進むインフレと金利上昇 邦銀の外債運用リスクにも警戒
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

米国で進むインフレと金利上昇 邦銀の外債運用リスクにも警戒

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

FRBは3月に0.5%利上げか
QTで長期金利も押し上げへ

 コロナ禍が始まって2年が経った。足元ではまだオミクロン株が猛威を振るっているが、今年の世界経済と金融市場の最大テーマは、インフレと金利上昇だろう。

 特に米国は今年1月の消費者物価(CPI)の上昇率が前年同月比7.5%と1982年2月以来40年ぶりの高水準となった。コロナ禍で半導体から食品に至る幅広い分野でサプライチェーン混乱による供給制約が長引く一方、大規模な財政出動と金融緩和を背景に消費需要が高まっている。そこへウクライナ危機などの地政学的リスクを背景にエネルギー資源の価格高騰ものしかかった。

この続きをみるには

この続き: 2,408文字

ロシアのウクライナ侵攻で世界経済は大混乱に陥りそうです。原油価格のさらなる上昇に加え、穀物の供給難など、物価上昇は避けられそうにありません…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/