「ワクチン外交」 展開も感染急拡大で頓挫 コロナ対策で揺れる その裏に「印中競争」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

「ワクチン外交」 展開も感染急拡大で頓挫 コロナ対策で揺れる その裏に「印中競争」

「世界の薬局」を自認、「完全国産ワクチン」
先行する中国を追い、85カ国に提供

 今月号からインド・ビジネス・センターの島田卓氏より連載を引き継ぐことになった。台頭著しい巨大国家インドの諸相を、独自の切り口で読者諸氏に伝えたいと思っている。

 外交の世界では、思いもよらないアイテムが「武器」や「打開策」になる。1971年の米中和解のきっかけとなったのは「ピンポン外交」、最近では、中国が新型コロナウイルス対策で「マスク外交」を大々的に展開した。
そして今は「ワクチン外交」だ。変異ウイルスへの効果が気がかりとはいえ、コロナ収束に向けた「切り札」としてワクチンに対する期待と需要は高い。人々の健康にかかわるワクチンが外交の道具になってしまうのは倫理的には問題かもしれないが、それが国際政治の現実でもある。

この続きをみるには

この続き: 2,248文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

「ワクチン外交」 展開も感染急拡大で頓挫 コロナ対策で揺れる その裏に「印中競争」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/