吉と出るか英国の大幅な コロナ規制緩和措置 コロナとの共生という 新段階での独仏選挙の行方
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

吉と出るか英国の大幅な コロナ規制緩和措置 コロナとの共生という 新段階での独仏選挙の行方

この時期に社会を再開できないなら
いつになれば普通の生活に戻れるのか

 変異株が広がり、再び新型コロナウイルスの新規感染者数が急増している英国。今年5月後半には、1日当りの感染者数が英国全土で2000人を割り込むほど沈静化していたが、7月に入り、連日2~3万人を記録している。7月後半には、1日当り数万~10万人近くになるとの予測もある。

 しかしそうした中でも、英国は社会・経済活動の全面再開へと舵を切った。英国のジョンソン首相は7月5日、「コロナと共生する計画」(“living with Covid”)の一環として、新型コロナウイルス対策として行っていた諸制限を、7月19日に英国人口の大部分が住むイングランドで、ほぼ全て解除する方針を明らかにした。これにより、公共交通機関等でのマスク着用義務や対人距離確保のルール、ナイトクラブや飲食店等の営業制限、式典やイベント等の人数制限などが撤廃される。英国の多くのメディアは、7月19日を‘Freedom Day’(自由回復の日)と呼んでこのニュースを報じた。

この続きをみるには

この続き: 2,167文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

吉と出るか英国の大幅な コロナ規制緩和措置 コロナとの共生という 新段階での独仏選挙の行方

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/