元特捜検事の複眼(`21/7)

元特捜検事の複眼(`21/7)

🔸そこまでお上の裁きに頼るのか
隣家の池に棲む蛙の鳴き声を巡る騒音訴訟
キモは「都内」の住宅街と
都環境基準60デシベルを上回る
「昼夜の鳴き声」とか

 東京都の環境基準は生活騒音に関し、「50デシベル超の子供の大声・駆け足」「90デシベル超の飼い犬の鳴き声」を例示。近時の幼稚園等に対する「子供の声がうるさい」とする近隣住民の苦情対策に取合えず役立つも、コンセプトは「発生源が人為的作用、受忍限度の踰越(ゆえつ)、抑制・除去できるモノ」にある。人為性のない「自然音」を生活被害として制御と損害賠償を求める隣人間のギクシャクさ、寂しく無駄な訴訟の極み。もっとも、刃傷沙汰等の事件に発展しなかったことには安堵。

この続きをみるには

この続き: 693文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

元特捜検事の複眼(`21/7)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/