【財界】中西宏明前会長がご逝去 財界の今日的意義とは国民のために

【財界】中西宏明前会長がご逝去 財界の今日的意義とは国民のために

経済界の利益だけから国民へと拡げる

 つい先日まで財界の総本山日本経団連のトップに座り、テレワークながらも重職をこなしていた中西宏明日立製作所相談役がご逝去された。時に財界人に見られる尊大なところはなく、前例にこだわらず、ネアカで仕事にバリバリ取り組む前向きな姿勢には共感を覚え、大きな成果を残すのではないかと期待していたが残念だ。ご冥福をお祈りしたい。

 就任1年後にリンパ腫の罹患が判明、大卒の就職活動ルール廃止を除くと在任中に目覚ましい実績を残せなかったことは返す返すも心残りではなかったか。

この続きをみるには

この続き: 1,164文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

【財界】中西宏明前会長がご逝去 財界の今日的意義とは国民のために

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/