これは陰謀論ではない 闇の傀儡師ディープステイトのいま

これは陰謀論ではない 闇の傀儡師ディープステイトのいま

DSの世界支配戦略の中核は「戦争」

 過去200年の世界の支配構造は、ティープステイト=Deep State(DS)と呼ばれる「国際金融資本家グループ」によって握られてきた。DSはロスチャイルド系とロックフェラー系の2大勢力が牛耳る。

 ロスチャイルドは、1799年から続いたいわゆる「ナポレオン戦争」で、フランスがイギリスと戦った折、巧みな情報戦略とイギリス国債の操作により巨大な富を築いた。それ以降、戦争や侵略はDSの富の源泉となる。

 DSは1954年から毎年5月、スイス・モントルーで、世界的影響力を持つ人物や企業、機関の代表130~150人ほどを集めて、完全非公開の秘密会議「ビルダーバーグ会議」を開いている。CFR(外交問題協議会)、CSIS(戦略国際研究所)、大西洋協議会(Atlantic Council)なども、戦略を策定してDSに提言している。

 DSは、常にいくつかの国を「適度に戦わせ」、戦う両者に金や武器を貸与し、両方から金を収奪する。世界の軍事産業も金で支配する。「米ソ冷戦」は理想的な時代だった。

 DSは、自分の行動を隠すために「陰謀論」という言葉を世間に流した。DSの存在や、批判に対して、「それは『陰謀論』だ」と否定する。これもDSの「プロパガンダ」戦略の1つだ。そして「スリーS政策」で催眠術をかけるように、世界の人々の意識に入り込み、コントロールする。「スリーS政策」とは「スクリーン」、「スポーツ」、「セックス」だ。例えばチャップリンなどを起用し、「ハリウッド」を作り、映画で人々の意識に入りこむ。

 いまDSは「CO2削減戦略」を世界で展開している。それは環境保護とは真逆なものだ。石油産業、天然ガス産業、石炭産業を一旦解体させ、二束三文で買い叩く。そしていずれ買い叩いた石油産業、天然ガス産業を復活させて大儲けしようというものである。

この続きをみるには

この続き: 4,809文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

これは陰謀論ではない 闇の傀儡師ディープステイトのいま

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/