元特捜検事の複眼(`21/4)

元特捜検事の複眼(`21/4)

加賀棒茶は加賀御用達文化の象徴
それが近江商人にない長所と欠点
VIP相手に贅を弄び
廉価良質商品の消費者提供精神を忘れています

 加賀棒茶は煎茶の茎のリユースながら、行幸された八二歳の昭和天皇の飲み物として、刺激性の低い茶茎を焙煎して献上したことを契機に、日本一高い煎茶に変身。これぞ金箔工芸、九谷焼、輪島漆器等と並ぶ、権力・富裕者市場を狙った御用達ビジネス。消費者目線に立たない商いが細るは必定。お隣の近江商人は「三方良し」をコンセプトに天秤棒を担いで全国行脚して富を分散・蓄財。その一人が伊藤忠商事の祖・伊藤忠兵衛であり、今も我が国の経済を牽引。さすれば「棒茶」と「天秤棒」の違いと言えましょうか?

この続きをみるには

この続き: 591文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

元特捜検事の複眼(`21/4)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/