僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑭ 経営者の集まりに入って見た 必死で成長しようとする社長たち

僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑭ 経営者の集まりに入って見た 必死で成長しようとする社長たち

優良中小企業ほど社長は自己研鑽に夢中
相模原市の「青工研」で学んだこと

 「社長の器は会社の器」。僕が、この地域経済新聞を立ち上げてから、取材を通じて実感したことだ。中小・小規模企業こそ、この言葉の重要性を感じる。彼らが追求するものは何か。規模拡大か。社員たちの幸せなのか。人によって異なるものの、彼らに共通するは、「自らを成長させない限り、会社に未来はない」という焦燥感にも似た思いだ。

 中小企業は大企業と違って、全ての責任を社長が背負う。毎日のように決断も迫られる。しかも、個人資産を担保にして。だからこそ、勉強熱心にならざるを得ない。もちろん、人の話にも耳を傾ける必要もあるだろう。だが、商売の方法論ばかり話すようなビジネスコンサルタントも時間が経てば陳腐化する。また、話すビジネスモデルが、すべてに当てはまるわけではない。

 人材確保にも汲々とする中小企業の場合、社長に魅力がなければ社員は付いてこない。定着率も落ちてしまう。中小企業の社長に必要なのは、商売の方法論より、もっと根幹の、人間としての部分なのだ、と優良中小企業を取材すると、分かってくる。

この続きをみるには

この続き: 2,246文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑭ 経営者の集まりに入って見た 必死で成長しようとする社長たち

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/