子供たちの未来が心配になる総裁選風景 私たちはどこでどう間違えたのだろう
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

子供たちの未来が心配になる総裁選風景 私たちはどこでどう間違えたのだろう

「わしらが担いどる御輿やないの」も遠い話
自民党で始まった新・仁義なき戦い

 ジンクスがある。日本でオリンピックがある年は首相が退陣する。笑ってもいいが、現実にそうなってきた。

 1964年東京夏季大会で池田勇人、72年札幌冬季大会で佐藤栄作、98年長野冬季大会で橋本龍太郎、そして今回の菅義偉である。

 事情は異なる。池田には病、佐藤には長期政権批判と沖縄返還花道論、橋本には参議院選挙大敗などが背景にあった。

 菅首相にはどう注釈がつけられるか。新型コロナ対策への不手際と求心力の著しい減退が挙げられるのだろう。仰天させた突然の辞意表明が在任中最大の「サプライズ」だったとは、あまりにせつない。

 さばさばしたか、菅首相の顔色が少しよくなった一方で後継レースの号砲が鳴った。

この続きをみるには

この続き: 2,106文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

子供たちの未来が心配になる総裁選風景 私たちはどこでどう間違えたのだろう

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/