通夜のような東京五輪vs中国共産党“次の100年” カネよりビッグデータ、アントに続き「滴滴」が火だるま 「アルツハイマー治療薬」疑惑の承認プロセス

通夜のような東京五輪vs中国共産党“次の100年” カネよりビッグデータ、アントに続き「滴滴」が火だるま 「アルツハイマー治療薬」疑惑の承認プロセス

40億ドル、1.5万人、37%
IOCのためのオリンピック

 何の因果か。東京五輪の開会日である7月23日は100年前、中国共産党が結党された日である。これまたどういう訳か、当の中国共産党は実際の設立日とは異なる7月1日を創設記念日として、東京五輪の22日前、北京の天安門広場で祝賀の大パレードを繰り広げた。全員マスク無し。満面の笑みがこぼれる顔また顔。習近平主席の表情が無言のうちに語っている。ざまあ見ろ、東京五輪よ。

 東京五輪組織委員会の橋本委員長は「安心安全の大会のために、祝祭的な要素は取り除く」と言う。平和の祭典がお祭りでなくなる。お通夜のような五輪になってしまった。

 しかも支離滅裂だ。選手同士の「密」は御法度のはずなのに、コンドームが配られる。その矛盾を突かれた組織委員会は「あれはお土産。帰国後、教育用に使って貰う」。当初、スポンサーのアサヒビールに配慮して「会場での酒類販売」にOKを出そうとしたら、当のアサヒから「いえ、結構です」と辞退された。そんな五輪をなぜ強行するのか。

 ニューヨークタイムズ紙が6つの数字で謎解きをしてくれている(6月21日付)。1番目の数字は154億ドル。東京五輪に投じられた金額だ。1年延期したおかげで30億ドルも膨らんだ。これだけのカネをドブに捨てるとなったら、もはや単にカネの問題ではなく、日本という国の“ブランド”が維持できるのか、というところに追い込まれる。

 続いて40億ドル、12.5億ドル、5億4900万ドル。最初の40億ドルはIOCの懐に転がり込んでくるテレビ放映権の総収入だ。このうち米国だけで12.5億ドル。IOCは予算の73%をこの五輪の放映権に頼っている。そこからお裾分け(IOCはこれを「連帯費」と呼ぶ)として5億4900万ドルが各国のNOCに配分され、選手の育成・訓練に当てられる。「もし、東京五輪がキャンセルされたら」と、英国のNOCが言う。「NOCの存続可能性に重大な疑義が生じるだろう」。

この続きをみるには

この続き: 4,790文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

通夜のような東京五輪vs中国共産党“次の100年” カネよりビッグデータ、アントに続き「滴滴」が火だるま 「アルツハイマー治療薬」疑惑の承認プロセス

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/