野村證券も三菱UFJも「子虎」に群がった 対決再び!SPACマンvs空売りファンド 泣き面に蜂アストラゼネカ「疑惑のワクチン」

野村證券も三菱UFJも「子虎」に群がった 対決再び!SPACマンvs空売りファンド 泣き面に蜂アストラゼネカ「疑惑のワクチン」

インサイダー取引の前科
売り抜けたゴールドマン

 「第2のリーマン危機の序曲ではないか」。不安の囁きが漏れてきた。3月下旬に破綻した米国の投資ファンド「アルケゴス」。一般にはほぼ無名のファンドの巻き添えを食い、クレディスイスが47億ドル、野村證券(野村ホールディングス)が20億ドルもの巨額損失を被った。半年分の利益を吹き飛ばす大打撃。2018年のリーマン危機はその前年、2つの投資ファンドの破綻から始まった。歴史は繰り返すのか。金融マンたちが青くなった。

 アルケゴスとは新約聖書に出て来るギリシャ語で「指導者」、即ちイエスのこと。アルケゴ-スの主宰者、ビル・ホワンは韓国系米国人である。常日頃、こう言っていた。「今日という日、何をなせば、また、どこに投資すれば、神がお喜びなるか。私は幼子のようにそればかり考えている」(ウォールストリートジャーナル=WSJ紙4月1日付)。

 クレディスイス、野村を始めゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、そして三菱UFJ、みずほまで。錚々たる大銀行がアルケゴスに群がったのは、敬虔な信仰心に魅了された故ではない。「子虎」だったからだ。ビル・ホワンはタイガー・マネジメントを創設した伝説の投資家、ジュリアン・ロバートソンの愛弟子だった。が、先生もこの弟子の投資術には目を剥いたのではないか。

 少数の銘柄に絞り、銀行から借りたカネで買い上がる。手数料と引き替えに、当該銘柄の値上がり益(あるいは値下がり損)を手にする「トータルリターン・スワップ」というデリバティブ(金融派生商品)も活用し、5~6倍のレバレッジ(自己資金に対する借入金)を効かせた。銘柄を絞れば効率が上がる反面、当然ながら、リスクも高まる。

この続きをみるには

この続き: 4,478文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

野村證券も三菱UFJも「子虎」に群がった 対決再び!SPACマンvs空売りファンド 泣き面に蜂アストラゼネカ「疑惑のワクチン」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/