元特捜検事の複眼(`21/9)

元特捜検事の複眼(`21/9)

国賠訴訟で敗訴した国側の上訴対応、
その要否・当否を左右する政治的判断
時期を失すれば被害者救済の名目は色褪せ、
法的安定阻害が高まるリスク

 小泉劇場の幕開けはハンセン病訴訟の控訴断念。控訴審は一審の延長としての事実審。「和解」に似て、法的安定性と具体的妥当性の観点から政治的判断に親しむ。今回の黒い雨訴訟で政治的判断と喧伝された上告断念は、二審判決に被爆者援護法の対象地域の踏出し感があるとしても、上告理由は見当たらず。総理談話としては、上告断念に触れず、「更なる法整備に努め、原告以外の被爆者の救済にも当たる」に止めた方がスマートだったのでは?

この続きをみるには

この続き: 687文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

元特捜検事の複眼(`21/9)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/