化石燃料追放の叫びとエネルギー危機 化石燃料高騰の犯人扱いロシアの大反論
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

化石燃料追放の叫びとエネルギー危機 化石燃料高騰の犯人扱いロシアの大反論

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

連鎖値上げで世界的な物価高
犯人と名指しされた中東とロシア

 国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が10月末から英国のグラスゴーで開かれ、地球温暖化の元凶とされる化石燃料(石炭・石油・天然ガス)追放の議論が大きく盛り上がった。その一方で、化石燃料の高騰による「エネルギー危機」が世界を席巻し、誰の責任か、どうしたらいいのか?という大きな叫びも同時に巻き起こっていた。

 ことの始まりは、世界を襲ったコロナ新型ウイルス騒ぎが、今年の春、欧米を中心に一時的に収まったことがある。ワクチンの接種も順調に動き出し、「ロックダウン」などの厳しい活動制限が解除され、開放感が一気に広がった。沈んでいた経済も一斉に息を吹き返し、それと重なるように、化石燃料価格が一斉に値上げを始めた。その動きは、夏から秋へと、異常な勢いで昇っていった。

この続きをみるには

この続き: 2,254文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/