愛護ワールド今と昔

愛護ワールド今と昔

 先日、朝日新聞記者の太田匡彦さんと対談しました。太田さんは大手マスコミの中で最もペット動物問題に詳しい記者として知られ、各地のシンポジウムで顔を合わせたり、私の新刊本インタビュー記事を書いてくれたりと、以前から何かとご縁のある方です。前回の「コロナが我が家にやって来た!」でも書きましたが、7月に拙著原案の映画「犬部!」が公開になり、舞台挨拶とトークイベントが行われ、太田さんにもご登壇頂きました。

この続きをみるには

この続き: 1,170文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

愛護ワールド今と昔

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/