「半年でもいいから」と71歳でやっと政権到達 命取りの一言を自ら公言した福田赳夫の失敗

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

権力闘争では敗北の連続の「敗軍の将」
在任2年で不完全燃焼のまま退陣

 岸田文雄首相は昨年9月の自民党総裁選を制して政権を握ったが、決め手となったのは党内最大派閥の清和政策研究会(現安倍派)の支持であった。安倍晋三元首相は岸田内閣誕生の「キングメーカー」と称された。

 現安倍派の出発点は1970年11月発足の福田派である。後の首相の福田赳夫が創設した。

 首相の座は、福田が70年代後半に2年間、手にしたが、その後は2000年就任の森まで21年余、巡ってこなかった。72年の田中角栄首相登場以後、田中派とその流れの竹下派(トップは竹下登元首相)が最大派閥としてパワーを発揮し、「田中支配」「竹下派支配」といわれた時代が長く続いたからだ。

 92年の竹下派分裂で、当時の三塚派(トップは三塚博元財務相)が初めて最大派閥に躍り出た。97年に小渕派(トップは小渕恵三元首相)に抜かれたが、小泉純一郎首相が行った2005年の衆院選の後、森派(トップは森喜朗元首相)が最大派閥に返り咲く。以来、現在までの約17年は最大派閥の座を守り続け、首相も森の後、小泉、第1次の安倍、福田康夫、第2次の安倍の計4代を輩出した。

この続きをみるには

この続き: 5,037文字

いよいよ参議院選が間近に迫っています。下馬評では与党の大勝にあわせ改憲派が有利だそうです。ウクライナをはじめ円安、物価高・・後に日本の分岐…

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/