もっと炭素を、もっともっと石炭を! “救世主”ファイザーの自信と苛立ち 濡れ手に粟!、ネットで磨く韓流エンタメ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

もっと炭素を、もっともっと石炭を! “救世主”ファイザーの自信と苛立ち 濡れ手に粟!、ネットで磨く韓流エンタメ

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

習近平の誤算
20倍になったLNG価格

 スコットランドのグラスゴーで開かれたCOP26。大揉めに揉め、議長国の英国は合意文書を3度も書き直さねばならなかった。が、現在、世界中の首脳たちが真に語るべき言葉は「脱炭素」ではない。「もっと炭素を、もっと石炭を、もっと天然ガスを」である。

 世界経済は怒濤のようなエネルギー価格の高騰に打ちのめされている。豪州のニューカッスル炭は1t202ドル。2019年より3倍高い。世界の工場=中国は10年来経験したことのない電力不足に陥り、工場のラインが止まり、一部の都市では交通信号が消えた。

 中国は世界最大の石炭消費国だ。誤算は、「脱炭素」競争でいい顔をしたい習近平主席が「石炭の生産削減」を指示したこと。もう1つ、豪州政府が新型コロナの発生源として「武漢を再調査すべき」と主張したことに腹を立て、豪州炭の輸入を禁止したことだ。

 中国の輸入業者は南米やアフリカの産地に殺到した。ところが、石炭生産量は2019年比5 %ダウン。絵に描いたような売り手市場が出現した。フィリピンの炭鉱会社は嬉しい悲鳴だ。「4回も値上げした。こんなこと、思いもよらなかった」(ウォルストリートジャーナル=WSJ紙10月6日付)。

この続きをみるには

この続き: 5,076文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/