ミャンマーZ世代の悲鳴と悲痛の覚悟 武装闘争でしか民主主義を取り戻せない

ミャンマーZ世代の悲鳴と悲痛の覚悟 武装闘争でしか民主主義を取り戻せない

軍のテロにゲリラ的テロで対決する
ミャンマーの国民防衛隊とZ世代

 2月1日のクーデターで政権を破壊されたアウンサンスーチー党首のNLD(国民民主連盟)主体で設立された連邦議会代表委員会(CRPH)は、4月16日に国民統一政府(NUG=National Unity Government)をネット上で発足させ、5月5日には「国民防衛隊(People Defence Force、PDF)」を設立、少数民族武装勢力も巻き込んで「連邦軍」にしたいと考えている。NUGは軍政の国家統治評議会(SAC)をテロ組織と呼び、SACもNUGやPDFを非合法なテロ組織と断定、NUGの閣僚を反逆罪で指名手配している。

 4月以降、国軍車両や警察署などの国軍関連施設に限らず、中国系工場などでの爆発や放火が急増しており、軍政はすべてが民主派のテロ活動だと断定している。ミャンマー各地でPDFに賛同する市民による武装組織が生まれ、連帯して国軍と戦い始めているが、国軍側の公務員や教育委員会幹部、国軍への密告者と見られた人の暗殺など、NUGやPDFは必ずしも統率しきれていない。

この続きをみるには

この続き: 2,169文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

ミャンマーZ世代の悲鳴と悲痛の覚悟 武装闘争でしか民主主義を取り戻せない

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/