【政治】「政策新人類」の面影はすっかり消え 衝撃の「ゼロ落選確実」、行き止まりの石原家

【政治】「政策新人類」の面影はすっかり消え 衝撃の「ゼロ落選確実」、行き止まりの石原家

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

派閥さえ消滅しかねない

 2021年衆院選は、これまで政界に確固たる足場を築いてきた「石原家」の凋落を印象付けた。東京8区では石原慎太郎元東京都知事の長男で、自民党幹事長や経済再生担当相、環境相などを歴任し、石原派を率いる伸晃氏に加え、東京3区では三男の元内閣府副大臣の宏高氏がそろって敗北。宏高氏は比例代表で復活当選を果たしたものの、兄はそこにも残れず、ついにバッジを外すことになった。

この続きをみるには

この続き: 1,022文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/