視界広がるアフターコロナ 単純回帰ではなく、 社会・経済の新しい枠組
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

視界広がるアフターコロナ 単純回帰ではなく、 社会・経済の新しい枠組

🔸往来を再開する動き、「観光業を復活させ、
  国境を越えた友情を蘇らせる時が来た」

 未だコロナ禍との一進一退の攻防が続く欧州だが、急ピッチで進められるワクチン接種とともに、徐々に「アフターコロナ」に向けての視界が開けつつある。「アワー・ワールド・イン・データ」によると、少なくとも1回以上のワクチン接種を受けた人の割合は、英国の50%超を筆頭に、接種が遅れているといわれるドイツ、フランス、イタリアなどでも30%前後に達しており、欧州全体でも約25%に上る。因みに、日本はわずか3 %弱だ。

 ワクチン接種の広がりに伴い、欧州では、徐々に人の往来を再開する動きも出てきている。EUの内閣にあたる欧州委員会は5月3日、現在ごく一部(7カ国)を除いて禁止しているEU域外からの不要不急(non-essential)な渡航について、6月にも制限を緩和する方針を明らかにした。同委員会のフォン・デア・ライエン委員長は、「EUの観光業を復活させ、国境を越えた友情を蘇らせる時が来た-安全に」とツイートし、EUが認めたワクチンの接種を条件に、観光客を受け入れることを表明した(BBC、5月3日付)。また、ワクチン接種や非感染などを証明するEU加盟国間共通の「デジタル・グリーン証明書」を、6月を目標に導入する計画だ。

この続きをみるには

この続き: 2,085文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

視界広がるアフターコロナ 単純回帰ではなく、 社会・経済の新しい枠組

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/