驚愕の武漢ウイルス人工開発説 対中強硬策に踏み切ったバイデン
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

驚愕の武漢ウイルス人工開発説 対中強硬策に踏み切ったバイデン

トランプ路線を踏襲、さらに強く
習近平政権の傍惹無人な内外政策に反発

 「バイデン氏が新大統領に選出された時、これで米中関係は最悪期を脱し、米国の対中国政策は見直され米中関係は好転すると、私を含め多くの人々は期待していた。しかし残念なことに私の予想は間違っていた。バイデン政権の対中国政策は強硬であり、米中関係は悪化の一途をたどっている」。

 民主党オバマ政権時代にアメリカの中国駐在大使を務めていたマックス・ボーカスは6月11日、CNBCとのインタービューでこのように述べている。バイデン大統領はこれまで「親中国的」であり、バイデン政権には「親中国的」な閣僚が多いことから、ボーカスと同じように予想していた人は少なくない。だが、この予想は当たらなかった。

この続きをみるには

この続き: 2,250文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

驚愕の武漢ウイルス人工開発説 対中強硬策に踏み切ったバイデン

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/