日本の女性活躍社会の新たなステージを考える

日本の女性活躍社会の新たなステージを考える

男性前提だった日本企業の「仕事の構造」

 「もっと騒がなければ女性の時代は来ない」シリーズも、今月号で連載開始以来丸2年になりました。そこで、これまでの連載を振り返り、女性の活躍をさらに進めるために、現状で何がハードルかを、本欄に対し多大なるご協力を頂いているお2人にお話を伺った。

 児玉 ハードルは2つあります。第1に職場での男性前提の仕事の仕組みと制度の問題、第2に「家事や育児は女性中心で担う」という男女の役割分担の問題が指摘されてきました。

 金澤 第2の点は、企業としては支援制度を作って対応できますが、根本的な解決は社会全体の問題でしょう。2022年度から始まる男性の育休取得促進策が、どこまで実効性を上げるのかも、注目したいところです。

 児玉 まず、日本の大企業では、女性社員は長く一般職(非正規含む)として採用、配置され、総合職採用の歴史は圧倒的に短い。

この続きをみるには

この続き: 2,261文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

日本の女性活躍社会の新たなステージを考える

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/