【政治】コロナ対策のイニシアチブは我にあり 都議選への意識丸出し、また出た悪い癖
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

【政治】コロナ対策のイニシアチブは我にあり 都議選への意識丸出し、また出た悪い癖

嘘で崩れた「首都圏ワンボイス」

 2021年2大政治決戦のうちの1つ、東京都議選が3カ月余りに迫った。4年前の前回は、自身の率いる「都民ファーストの会」が緑の旋風を巻き起こし、自民党を歴史的な大敗に追い込んだ小池百合子知事。今回の最大の争点は、首都の新型コロナウイルス対応となるのは間違いない。都議会第1党の都民ファーストの会の議席の増減は、小池都政の評価と言えるだけに、新規感染者を抑え込むことができない状況に加え、東京五輪・パラリンピックへの都民の期待も乏しく、焦りも募る。

 こうした小池氏の危機感が露になったのは、首都圏1都3県を対象とした緊急事態宣言を再延長が決まる直前の一幕だ。小池氏が先手を打って再延長を国に突き付けようと、神奈川県の黒岩祐治知事に打診。「もうちょっと数字を見たい」と難色を示されながらも、千葉県の森田健作、埼玉県の大野元裕両知事が賛成しているとして、2週間程度の再延長を政府に要請する4知事連名の文書を作成した。

この続きをみるには

この続き: 792文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

【政治】コロナ対策のイニシアチブは我にあり 都議選への意識丸出し、また出た悪い癖

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/