ロシアとウクライナは、ひとつの民族か? プーチン論文を巡る議論と対立

ロシアとウクライナは、ひとつの民族か? プーチン論文を巡る議論と対立

決して「反ウクライナにはならない」v.s
1つの民族を口にすることはあり得ない

 プーチン大統領は7月中旬、「ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について」と題する論文を発表し、「ロシアとウクライナはひとつの民族であり、一体性を共有するのが自然であり、理にかなっている」と主張した。

 論文によれば、ロシア、ウクライナ、ベラルーシの三民族は、古くはドニエプル川の源流地帯に出現した古代スラヴ民族に属し、古代ロシア国家(古代ルーシ)の血を受け継ぎ、大ロシア、小ロシア、白ロシアと呼ばれた。また、同じ言語(古代ロシア語)と宗教(東方正教会)、さらに、同じ文化・伝統・風習・歴史を築き上げてきた。

 その後、リトアニア、ポーランド、スウェーデン、トルコ、ドイツなどの支配、介入を受けたが、三位一体のアイデンティティは崩れなかった。

この続きをみるには

この続き: 2,221文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

ロシアとウクライナは、ひとつの民族か? プーチン論文を巡る議論と対立

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/