フクシマ復興 ようやく始まる 記憶は未来に引き継がれるか

フクシマ復興 ようやく始まる 記憶は未来に引き継がれるか

自然災害と人災、取り残されたフクシマ

 戦後最悪の災害となった東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から10年。2万2000人を超える死者・行方不明者を出し、いまなお全国で4万人以上が避難生活を送る。復興はどこまで進み、どのような未来を描くのか。巨大災害がもたらした教訓をどう生かすのか。

 重要なのは、2つの災害の違いだ。大震災は紛れもなく「自然災害」である。しかし、福島第1原発事故については、第3者機関の国会事故調査委員会が2012年7月に「人災」と結論づけた。フクシマは史上空前の2つの大災害を被ったのだ。フクシマの復興の道のりが一段と険しく、長期にわたるのは自明だ。事故を起こした原子炉の廃炉まで、作業はなお30~40年に渡って続くとされる。

 経済産業省は、福島第1の廃炉を「東京電力が責任を持って進め、国も前面に立って取り組む」と公表した。この世界に前例のない廃炉・汚染水対策の傍ら、浜通り地域で新たな産業基盤の構築を目指す「福島イノベーション・コースト構想」の取り組みが進む。

 福島第1原発が立地する、最も重大な打撃を被った双葉、大熊の両町と、近辺の浪江町、南相馬市(図1)。筆者は3月下旬、この地を訪れ、復興の現状と新産業計画の進行状況を取材した。以下はその現地報告である。

画像1

この続きをみるには

この続き: 4,866文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

フクシマ復興 ようやく始まる 記憶は未来に引き継がれるか

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/