コロナ禍で注目!長野県立科町とことん真面目な「ワーケーション」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナ禍で注目!長野県立科町とことん真面目な「ワーケーション」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

箱モノを造っても財政負担が増す
既存のホテルや旅館を利用できないか

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、世界は大きく変わった。その1つが「働き方」だろう。感染防止のために通勤を回避し、自宅からインターネット経由で作業や打ち合わせ、会議をこなすテレワークが一気に普及した。すると企業は「何も都市のオフィスでなくても仕事ができるのではないか?」と考えるようになった。そこで注目されたのが「ワーケーション」。テレワークを活用し、リゾート地で働きながら休暇を過ごす新しい就労スタイルだ。そのワーケーションを利用した地域おこしが、長野県立科町で始まっている。

 立科町は長野県中部に位置し、自然に恵まれた人口6470人の町だ。町の北部では稲作やりんご、高原野菜の栽培、畜産などが盛んで、南部は標高2531mの蓼科山の北西に女神湖や白樺湖、蓼科牧場などのリゾート地となっている。人口減は激しくないが、それでも1960年の9756人から3割ほど減少した。立科町にとっては、新たな町おこしの「起爆剤」が必要だったのだ。そこで町が着目したのがワーケーションだった。

この続きをみるには

この続き: 3,758文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

いよいよ迫りつつある夏の参院選。しかし、野党の体たらくから自公政権は揺るぎそうもありません。そんな野党の今を追いました。エネルギー、食糧、…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/