輸出は自動車関連が牽引 抑制と反動繰り返す消費、ワクチンが鍵
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

輸出は自動車関連が牽引 抑制と反動繰り返す消費、ワクチンが鍵

 新型コロナウイルスの変異型の急拡大から、全国的に感染者が急増、4月25日には3回目の緊急事態宣言が発せられた。その後、5月の大型連休を挟んで、3月の経済指標の発表が相次いだが、緊迫感はなく、逆に経済活動の回復を示唆するものが多く見られた。

 それを代表するのが鉱工業生産指数だ。3月の季節調整済み指数は、生産指数が97.7だった。前月比2.2%の上昇で、20年2月の98.7以来の水準をほぼ回復した。20年2~5月に98.7から77.2に大幅な落ち込みとなったが、6月以降は20年12月、21年2月に小幅の下降となった以外は回復基調にある。2月に発生
した福島県沖地震の影響による生産減からの回復、半導体不足の緩和等によるものだが、基本的には外需が牽引した。経産省は持ち直しの動きにあるとの基調判断を踏襲した。

 生産計画は4月が前月比8.4%の上昇、5月は4.3%の低下だったが、5月は大型の連休が影響する。4月の計画には上方バイアスが含まれており、過去の傾向に基づいて補正すると4.6%程度の上昇になると経産省ではみている。5月は4月の実績次第で変わってくる。4月計画が下振れすれば、5月計画は上振れする可能性もある。新型コロナウイルスの感染拡大は下振れ要因だ。

この続きをみるには

この続き: 2,237文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

輸出は自動車関連が牽引 抑制と反動繰り返す消費、ワクチンが鍵

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/