📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑰ 月へでもどこへでも ベンチャー魂と卑しい奴ら
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省や首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑰ 月へでもどこへでも ベンチャー魂と卑しい奴ら

🔹凄い会社を見つけた
世界で4番目の月面探査を実現

 僕は、町工場からベンチャー企業、さらには飲食業、商店街、中小・零細企業、そして個人事業主を取材している。コロナ禍で苦しむこうした業態を、まるでお可哀そうにという報道も多い。でも、決して暗い話題ばかりではない。補助金長者もいる。でも、先日、取材に応じてくれた川崎市幸区のベンチャー企業「ダイモン」は違う。希望が溢れていた。スタッフ数8人のロボットベンチャーだが、今、世界中の注目を集めている。今年、民間企業として世界で初めて、月面探査に挑む。

 同社が開発したのは、手の平に載せられるほどの超小型・超軽量の月面探査車、2輪走行ロボットだ。未知なる月面での活動を想定し、谷底に落ちても問題ない100Gの衝撃にも耐え、転んでも倒れても走行する。“七転び八起き”にちなんで「YAOKI(ヤオキ)」と命名された。このロボットが、人類を再び月に運ぼうとする米航空宇宙局(NASA)の「アルテミス計画」で、2021年に先行実施される月面検査と物資輸送プロジェクトに採用されることになった。これにより、日本は米国、ロシア、中国に次いで4番目の月面探査国にもなる。

この続きをみるには

この続き: 2,204文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑰ 月へでもどこへでも ベンチャー魂と卑しい奴ら

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/