ワクチン争奪戦の中で 不思議なワクチン余り 原点回帰するオーストリアの コロナ対策
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ワクチン争奪戦の中で 不思議なワクチン余り 原点回帰するオーストリアの コロナ対策

最大シェアを持つ英アストラゼネカ社製
欧州諸国の多くで65歳以上に接種制限

 コロナ禍の「救世主」か、それとも新たな「争いの種」か。そう、コロナワクチンのことだ。たび重なるロックダウンなどにより、欧州の市民も経済も、コロナ禍で疲弊し切っている。出口の見えないトンネルのような状態を一刻も早く克服するための切り札として、ワクチン接種が急ピッチで進められている。

 しかし、通常、約10年とも言われる開発期間を大幅に短縮して実用化されたワクチンの効果や副反応、接種に対する市民の不安はなかなか拭えない。同時に、激化する世界的な「ワクチン争奪戦」など課題は山積し、大陸欧州諸国でのワクチン接種は、依然として順調とはいえないのが実状だ。

 例えば、現在、最大シェアを持つ英国アストラゼネカ社のワクチンは、米国のファイザー社やモデルナ社製のワクチンよりも有効率が低く副反応も大きいという報告を受けて、ドイツやフランスなどでは使用を避ける動きが出ている。世界保健機関(WHO)や欧州医薬品庁(EMA)は、高齢者にもアストラ社製ワクチンは有効との見解を示しているが、欧州諸国の多くでは、65歳以上に対する接種を制限するなど、未だワクチンの有効性や安全性については手探りが続いている。

この続きをみるには

この続き: 2,008文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

ワクチン争奪戦の中で 不思議なワクチン余り 原点回帰するオーストリアの コロナ対策

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/