少子化を嘆いても仕方ない、「聞こえる?」 日本を元気にするには老人が鍵を握ってる

少子化を嘆いても仕方ない、「聞こえる?」 日本を元気にするには老人が鍵を握ってる

🔸技術者や科学者を羨んでも仕方ない
    身近な所にシニア起業の種が落ちている

 「子供も少なくなったし、俺たち老人が頑張らなきゃ、日本社会は元気にならないのかな?技術者や科学者っていいよな、退職しても蓄積したノウハウを社会に役立てることもできる。俺には何もない。理工系のジジ、ババが立ち上げた、面白い会社はないか?」。本誌編集長の問いに「あります」と即答したのが、編集長の故郷の神奈川県小田原市にあるシンスター・ジャパン。6人のシニア研究者が「抗マラリア薬」の研究を続けている。

 マラリアは新薬が開発されても、時間の経過と共に耐性ができ、いずれ薬が効かなくなる。新薬開発とイタチごっこだ。「日本ではマラリアで亡くなる人は今ではいませんが、発展途上国ではいまだに多い。また、将来、環境の変化などで日本に生息する蚊が媒介するマラリアにも備えたい」と元富士フイルム研究部長の伊藤勇社長はいう。「シニア活躍時代」を地で行く人物だ。

この続きをみるには

この続き: 2,059文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

少子化を嘆いても仕方ない、「聞こえる?」 日本を元気にするには老人が鍵を握ってる

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/