【産業】長引くコロナ禍で 「日の丸ワクチン」にもチャンスが
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

【産業】長引くコロナ禍で 「日の丸ワクチン」にもチャンスが

🔹どんどん引き延ばされる接種計画で…

 新型コロナウイルス感染症ワクチンの開発で完全に後れを取った日本の創薬・製薬会社に光明が差してきたという。既に米ファイザーや米モデルナ、米ジョンソン・エンド・ジョンソン、英アストラゼネカなどの先発組が量産を開始し、「日の丸ワクチン」開発はもはや無用の長物との見方が広がっていた。

 ところが「予想外」の事態が起こる。日本政府の調達交渉のまずさから、先発組のワクチン輸入が遅れに遅れ、昨年は「2021年6月末までに全国民にワクチン接種を完了し、東京五輪を迎える」はずだったが、スケジュールは先延ばしとなり現時点では「7月末までに65歳以上の高齢者への接種を完了する」と自治体に発破をかけている状況だ。こうした事態を受けて、承認を早めてでも国産ワクチンの供給を実現しようとの機運が高まっている。安定調達のメドもつくからだ。

この続きをみるには

この続き: 1,120文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

【産業】長引くコロナ禍で 「日の丸ワクチン」にもチャンスが

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/