マルクス・レーニン主義へ原点回帰 「社会主義経済機構」に戻る中国の近未来
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

マルクス・レーニン主義へ原点回帰 「社会主義経済機構」に戻る中国の近未来

エスカレートする米中戦争

 トランプ前米大統領が中国へ経済制裁、デカップリングを課し、親中派と見られたバイデンもそれに追い打ちをかけている。バイデンは、トランプのエンティティ・リスト(米製品輸出禁止対象企業一覧)に、ウイグル人の強制労働にかかわった太陽電池のホシャイン・シリコン・インダストリー、綿製品の新疆生産建設など中国企業5社を新たに追加した。日本企業も制裁の対象になるものもある。さすがに、中国の経済は急悪化している。通信機器メーカーのファーウェイも売上が減り、国営企業の多くが債務不履行に陥り、不動産バブルも弾けそうになっている。都市と農村との所得格差が拡大し、失業者が激増し、4億人の「スマホ難民」さえ現出する。

 米国は一方で、中国に対して「新型コロナウイルスCovid19の発生源の本当の情報を提出せよ。隠すようであれば、武力を使うこともある」と通告した。実際、ロシア情報局が衛星で捉えた画像によれば、「アメリカの核武装した原子力潜水艦4隻が突然消えた。恐らく南シナ海の付近の深海底に待機しているのだろう」という。これに対応するかのようにイギリス、オランダの軍艦が南シナ海から西太平洋に航行している。ドイツもフリゲート艦・バイエルンを派遣すると言い始めた。

 もし中国がCovid19を造り、それを世界にばら撒いたということになれば、世界中から訴訟を起こされ、中国は膨大な金を取られることになる。トランプは「武漢ウイルス」に対して「10兆ドルの訴訟」を起こすと叫んだ。同調する国も多くある。こうした情報を受け、中国共産党の長老たちは習近平に国家主席の座を降りろと迫っている。

この続きをみるには

この続き: 5,014文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

マルクス・レーニン主義へ原点回帰 「社会主義経済機構」に戻る中国の近未来

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/