政治リーダー“失敗の研究”第1回 溢れる仕事への執念、黙っていても分かってくれる 発信と説明を欠いた「仕事師」菅義偉の誤算
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

政治リーダー“失敗の研究”第1回 溢れる仕事への執念、黙っていても分かってくれる 発信と説明を欠いた「仕事師」菅義偉の誤算

権力闘争を生き抜く生命力は政界一
自民首相5番目の短命政権に終わる

 9月3日の昼前、菅義偉首相は自民党本部での臨時役員会に出席した。党役員人事を行う計画の菅は、午後の総務会で人事一任を取り付ける予定と見られたが、役員会の冒頭で「総裁選不出馬、役員人事撤回、コロナ対策専念」を表明した。

 不出馬表明は当然、首相辞任、退場の決断である。総裁選の投開票は9月29日で、新首相の国会指名に伴って菅内閣は総辞職となる。菅の首相在任日数は 380日余で終わる。自民党の首相では、石橋湛山(65日)、宇野宗佑(69日)、麻生太郎(358日)、福田康夫(365日)に次いで5番目の短命首相となる見込みだ。

 菅は1987年の横浜市議選初当選から現在まで、自身の選挙は市議選、衆院選を通して10勝無敗である。09年まで小渕派、加藤派、堀内派、古賀派に属し、以後、無派閥となる。第2次安倍内閣では「最長官房長官」の新記録を作った。派閥幹部の経験はないが、権力闘争を生き抜く生命力は政界一といわれた。

 菅は退陣表明後の9月9日の記者会見で、「私は仕事をするために1年前に総裁選に立候補し、総理を目指した」と述べたように、「仕事師」を自負している。菅のもう一つの持ち味は仕事力だ。課題を発見し、問題を解決する能力、そのための組織操縦力や人脈構築力は抜群で、併せて政治の潮流や空気をかぎ取る嗅覚、ぶれない判断など、高い実務能力で評価を得てきた。ところが、「不敗の仕事師」が頂点に立ってわずか1年で「初の失敗」という転落体験を味わう羽目に陥った。

 1年前の就任時、菅は過去の首相と違って船出で「四つの束縛」を背負うという巡り合わせだった。自民党総裁任期が1年、次期衆院選は1年1カ月以内、新型コロナウイルスも終息時期は不明、1年延期の夏季東京五輪大会の開催実現は不透明という壁だ。

この続きをみるには

この続き: 5,004文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

政治リーダー“失敗の研究”第1回 溢れる仕事への執念、黙っていても分かってくれる 発信と説明を欠いた「仕事師」菅義偉の誤算

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/