コロナ下で世界トップの銀行は 何で儲け、何で損をしてきたか
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナ下で世界トップの銀行は 何で儲け、何で損をしてきたか

消費者部門が赤字転落
引受、トレーディングは絶好調

 新型コロナウイルスのパンデミックが宣言されてから1年半近くが経った。このコロナ禍の中で世界トップクラスの銀行はどのように収益を上げてきたのか。銀行として利益や時価総額で世界首位を走る米JPモルガン・チェースを例にとって検証してみよう。

 同社の事業は4部門で構成される。第1に、個人向け事業融資、住宅ローン、クレジットカード、自動車ローンなどから成る『消費者部門」。第2に、債券・株式の発行引き受けやM&A仲介、トレーディングが主体の「投資銀行部門」。第3に、国内外の中堅・大企業向け融資や資金管理、商業用不動産向けローンが中心の「商業銀行部門」、第4に、富裕層や機関投資家向けの資産運用、投資信託の運用・販売などから成る「資産運用部門」である。これら4部門のどれもが業界屈指の実力を誇り、総合的なバランスに優れているのが同社の特徴といえる。

この続きをみるには

この続き: 2,058文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

コロナ下で世界トップの銀行は 何で儲け、何で損をしてきたか

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/