「中途半端な過疎の島」を「起業の島」に変えた山口県周防大島町「ジャムメーカー」の挑戦

「中途半端な過疎の島」を「起業の島」に変えた山口県周防大島町「ジャムメーカー」の挑戦

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

本土と結ぶ大橋が開通、島と言えない状況
地域おこしの逆風を跳ね返したのはジャム

 「帯に短し襷に長し」ではないが、地域おこしで一番苦労するのが「中途半端な環境」と言われる。中途半端な農村、中途半端な山村、中途半端な観光地…むしろ徹底して不利な状況の方が、かえってそれを逆手に取った地域おこし策が打てるだろう。何より「中途半端」に生活やコミュニティーが維持できるために、地元住民の危機感が薄い。地域おこしのいわば「最強の逆風」なのである。だが、そんな逆風をものともせず、地域おこしに成功して全国から注目される「中途半端な島」が山口県に存在する。その成功のきっかけは小さなジャムメーカーだった。

 周防大島、正式には「屋代島」だが、地元でそう呼ぶ人は少ない。山口県民は単に「大島」と呼ぶ。1976年7月には島と本土を結ぶ大島大橋が開通。もはや離島という風情ではない。生活も本土と密着。それにもかかわらずピーク時の1945年には約6万5000人いた島の人口も、戦後は減少が続いた。

この続きをみるには

この続き: 3,806文字

ロシアのたった1人の暴君によってウクライナだけではなく、世界経済も沈んでいきます。早い解決を望んでいます。4月号はプーチン戦争の影響を詰め…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/