俳句の遊歩道(`21/9)

俳句の遊歩道(`21/9)

颱風の不安ひたすら米を磨ぐ
平岩登代子

 広辞苑に、台風は「日本には年平均一一個が接近し、海難や風水害を起こす」とあるが近年、その被害の規模は大きくなるばかりである。人智が及ばないから天災なのだが、天災だからまあいいか、といかないのが辛い。掲句、台風の襲来に備えて思いつく手をつくしても不安は消えない。ただ目前のルーチンワークに集中するのみだというのだが、実は「米磨く」ことこそが風水害そのもので、蛇口に迸る水、糠で濁った洗米水の在り様、掌にザラつく米は土砂、土石流などリアル台風のイメージだというのだ。

 別に「庖丁を研ぎ台風を待ちゐたり 坐間游」がある。

この続きをみるには

この続き: 616文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

俳句の遊歩道(`21/9)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/