全国一律の最低賃金、 初の20豪ドル台に オンブズマンが遵守に目を光らせる

全国一律の最低賃金、 初の20豪ドル台に オンブズマンが遵守に目を光らせる

正規労働者の最低賃金よりも
勤務時間が不規則な非正規の方が高い

 オーストラリアのフェア・ワーク委員会=Fair Work Commissionが、今年度の最低賃金を2.5%引き上げると発表。これにより、21歳以上の正規労働者の最低賃金は、時給20.33豪ドル(約1708円)となり、初めて20豪ドル台に乗った。所定勤務時間数の少ないパートタイム労働者も、最低時給は同額である。

 一方、「カジュアル」と呼ばれる勤務時間が不規則な非正規労働者の最低時給は、25.41豪ドル(約2134円)になった。正規労働者より25%高く設定されているのは、有給休暇や病欠等の権利がなく、最低通知期間なしに解雇される可能性がある等、不安定な立場にある代償として、賃金を上乗せして付与する「カジュアル・ローディング」と呼ばれる制度があるからだ。

この続きをみるには

この続き: 2,373文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

全国一律の最低賃金、 初の20豪ドル台に オンブズマンが遵守に目を光らせる

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/