【産業】自動車メーカーが相次いで参入する 全固体電池は「夢のEV」を実現するのか?

【産業】自動車メーカーが相次いで参入する 全固体電池は「夢のEV」を実現するのか?

🔻航続距離は2倍、充電時間は半分!

 「充電時間が長い」「航続距離が短い」「発火トラブルがある」といった電気自動車(EV)の欠点を克服できると注目されている全固体電池。先行するトヨタ自動車は2020年代前半の実用化を目指し、独フォルクスワーゲン
(VW)は電池ベンチャーの米クアンタムスケープと24年をめどに量産を目指し、共同開発中だ。

 先行する2社を追うのが日産自動車や独BMWなどの2番手グループで、それぞれ20年代後半、30年までに全固体電池EVの投入を計画している。「リチウムイオン電池に比べると、全固体電池の航続距離は2倍、充電時間は半分になり、容量の80%までなら15分で充電できる」と言われている。

この続きをみるには

この続き: 1,152文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

【産業】自動車メーカーが相次いで参入する 全固体電池は「夢のEV」を実現するのか?

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/