高知県室戸市で「廃校を水族館に」 素人の研究者集団の地域おこしが大成功!

高知県室戸市で「廃校を水族館に」 素人の研究者集団の地域おこしが大成功!

もともと地域おこしが目的ではなかった
依頼されたのはNPO法人日本ウミガメ協議会🐢

 少子化が進み、全国各地で廃校が相次いでいる。全国で年間500校が廃校になっているという。大都市も例外ではない。土地不足に悩む大都市圏ならば跡地利用は引く手あまただが、再利用に苦労する地域の方が多い。「地域おこし」の拠点としての活用を模索する事例も多いが、公民館や体育館として使われることがほとんどで、地域外からヒトを集めカネを落とす成功事例は少ない。

 ところが水族館にリニューアルし、人気観光施設になった廃校が太平洋を臨む高知県室戸市にあった。

 高知県の東南部に位置する室戸市は、辛い目にあってきた。太平洋に突き出た「室戸岬」はよく知られているが、人口は1万2470人。かつては太平洋漁業の拠点として栄え、ピークだった1955年には3万2878人が暮らしていた。水産業の衰退に伴い、人口は右肩下がりで減少、現在では高知県内の11市で最も人口が少なく、全国でも下から5番目。室戸市より人口が少ない市は、北海道にしか存在しない。。当然、過疎地だけに室戸市でも16校中10校の小学校が廃校になった。旧室戸市立椎名小学校は2006年3月末に閉校。その後は利用されることなく放置されていた。

この続きをみるには

この続き: 3,666文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

高知県室戸市で「廃校を水族館に」 素人の研究者集団の地域おこしが大成功!

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/