【政治】「公認権は我にあり」 二階幹事長の自派閥優先に不満の渦

【政治】「公認権は我にあり」 二階幹事長の自派閥優先に不満の渦

最後のチャンスと河村建夫に挑む林芳正

 秋の決戦が近づくにつれ、自民党では身内の公認争いがし烈さを増している。その多くが長期にわたり幹事長に君臨する二階俊博氏が率いる二階派の現職議員が絡んでおり、党内では「自派閥を優遇する長期幹事長の弊害ではないか」(細田派中堅)の声も飛び交う。幹事長は、公認権や人事、政治資金の配分に絶大な影響力を行使できるだけに、衆院選後を睨み、対立は激化するばかりだ。

この続きをみるには

この続き: 1,046文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

【政治】「公認権は我にあり」 二階幹事長の自派閥優先に不満の渦

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/