第3回 岸田文雄首相に大きな影響を残す 経済宰相・宮澤喜一の「3つの大きな失敗」

第3回 岸田文雄首相に大きな影響を残す 経済宰相・宮澤喜一の「3つの大きな失敗」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

ケイジアンで「政界有数の政策通」
「保守本流のエース」と呼ばれた人物

 10月31日の衆院選で、自民党が単独過半数の維持に成功し、岸田文雄首相は続投を果たして第2次内閣を発足させた。

 池田勇人元首相が創設した派閥・宏池会の会長だった岸田は、池田、大平正芳、鈴木善幸、宮澤喜一に続く5人目の宏池会首相である(流れをくむ麻生太郎現副総裁を含めると6人目)。宏池会首相による衆院選は宮澤内閣での1993年7月以来、28年ぶりであった。

 宮澤は91年11月に首相となった。93年6月に野党提出の内閣不信任案が可決したため、衆議院を解散した。自民党は選挙前と比べて1議席増だったが、選挙直前の大量離党で過半数割れとなる。宮澤は退陣に追い込まれ、自民党は初めて野党に転落した。

 くしくも岸田は、この総選挙が政治家としての出発点だった。中選挙区制の旧広島1区から自民党公認で初めて出馬し、一発で当選する。宏池会(当時は宮澤派)に入った。

この続きをみるには

この続き: 5,258文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/