第19回 ゴンドラの唄

第19回 ゴンドラの唄

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

黒澤明「この世のものとは思えないような声で歌ってくれ」

 若いIT系の経営者・奥藤君に招待されて「ミュージカル 生きる」を日生劇場で観たのは1年少し前、2020年晩秋のことだった。「黒澤明生誕110年記念」というサブタイトルがついていた。黒澤監督は私より30歳近く年上の大正9年生まれ。大学卒業後、映画会社の企画本部に2年ほど籍を置いたことのある私は、もちろん世界的な監督のことを知ってもいたし、デビュー作「姿三四郎」を始め、「天国と地獄」「七人の侍」「羅生門」「用心棒」など主要な作品はほとんど観ている。

この続きをみるには

この続き: 2,101文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

ありがとうございます!!また見に来てください♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/