習近平が馬雲に切れた本当の理由 死角なし!?TSMCも米国不動産業も絶好調 サッカー「スーパーリーグ」たった2日の命

習近平が馬雲に切れた本当の理由 死角なし!?TSMCも米国不動産業も絶好調 サッカー「スーパーリーグ」たった2日の命

🔸江沢民の孫もCITICも使う
  リクコスになったアント株

 あの事件以来、ジャック・マー(馬雲)がかき消えた。自ら設立したビジネススクールでも彼の姿を見た者はいない。マーが主宰する浙江省の起業家協会の年次総会は延期されたまま、いつ開催されるとも知れない。

 公衆の前に姿を見せたのは、今年1月、杭州の片田舎の小学校をごく短時間、訪問した時の1回きり。マーは先生たちの話にただ耳を傾けるだけ。マーとのセルフィー(自撮り)をねだる先生たちを退け、あたふたと学校を後にした。素っ気ない訪問のビデオは「マー、現れる」とのタイトルとともに配信される。少なくとも、マーは幽閉されてはいない、ということを世界に告知するための演出だった。マーは逮捕されてはいないが、厳格な国家監視下にある、ということだ(フィナンシャルタイムズ=FT紙4月15日付)。

 中国政府がアリババの金融子会社アント(蟻蚊科技集団)の「史上最大のIPO」を土壇場で差し止めた、あの事件。本誌のこの欄では、仮に「金融規制を批判したことが金融当局の逆鱗に触れた」と解説しておいた。そうには違いないが、コトは政策レベルの問題ではない。マーと国家、マーと習近平との権力と威信をめぐる頂上決戦だった。

この続きをみるには

この続き: 5,287文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

習近平が馬雲に切れた本当の理由 死角なし!?TSMCも米国不動産業も絶好調 サッカー「スーパーリーグ」たった2日の命

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/