俳句の遊歩道(`21/6)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

俳句の遊歩道(`21/6)

木の香降る風の歌降るハンモック
宮入 黎子

 「ハンモック」は緑陰の立木や屋内の柱の間に張りわたす目の粗い網の吊り床が一般的だが布製などもある。掲句はアウト・ドアのハンモックをとりあげ、個性的な解放感を演出しつつメルヘンチックな抒情を醸している。どこか現代詩をやる人がその感覚をそのまま俳句に仕立てたというスマートさ、明るさがあり「木の香」「風の歌」の措辞が詩的なら、何よりも「降る」のリフレインがいい効果をあげている。最近ソロ・キャンプが流行だというがコロナ禍から脱出して「風の歌」を聴きに出るのも一興だろう。

 別に「空泳ぐ鯨の夢をハンモック 芹沢保」がある。

この続きをみるには

この続き: 607文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

俳句の遊歩道(`21/6)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/