【企業】「孝行息子」のおかげで ビジネスチャンスが広がるTDK

【企業】「孝行息子」のおかげで ビジネスチャンスが広がるTDK

もとは同じ会社の中国CATLと合弁

 TDKの香港子会社でスマートフォン用などの小型リチウムイオン電池を手がけるATL(アンプレックス・テクノロジー)と、車載リチウムイオン電池最大手の中国CATL(寧徳時代新能源科技)が業務提携することになった。両社で設立する合弁会社が、電動バイク向けのリチウムイオン電池を開発・製造する。

 CATLは2011年に創業したリチウムイオン電池ベンチャーで、17年にはパナソニックを追い抜き、電気自動車(EV)の基幹部品である車載電池市場で世界1位となった。CATLは18年に株式上場し、1カ月も経たないうちに時価総額が1267億元、当時のレートで約2兆1500億円に達している。

この続きをみるには

この続き: 1,143文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

【企業】「孝行息子」のおかげで ビジネスチャンスが広がるTDK

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/