「自由と民主主義の勝利」をマジで信じていたとは

「自由と民主主義の勝利」をマジで信じていたとは

 米軍完全撤退前のタリバーンのアフガニスタン制圧。わが日本は、現地の民間邦人、協力者のアフガン人とその家族らの退避に失敗。約500人を置き去りにしてしまいました。韓国など西側主要国がほぼ完璧にアフガン人の脱出までも終えたことに比べると大失態です。原因は、自衛隊法の問題で救援機派遣が遅れた、空港まで自力で辿り着く方法がなかった、などと言い訳が飛び交っていますが、そうでしょうか。私にはそもそも政府が本当にやる気を出していたとは思えないのです。

この続きをみるには

この続き: 1,080文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

「自由と民主主義の勝利」をマジで信じていたとは

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/