総裁選での約束をお忘れか? アベノミクスと一体何が違う どんどん後退!「新しい資本主義」の真贋

総裁選での約束をお忘れか? アベノミクスと一体何が違う どんどん後退!「新しい資本主義」の真贋

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

総裁選で主張したものが次々と消える
官僚の声は「看板の掛け替え」に過ぎない

 自民党総裁選で強力なライバルと目された河野太郎氏ら3人を大差で破り、岸田文雄首相が新内閣を船出させた。「新しい資本主義」をキャッチフレーズに、「成長と分配の好循環」の実現を掲げたものの、党役員・組閣人事では安倍晋三元首相、麻生太郎副総裁への配慮が際立ち、政策面でも総裁選で主張したものが次々と消え、岸田カラーが早くもかすむ。

 発足当初の内閣支持率は、菅前政権のスタート時に比べても低い水準で、国民の期待が集まっているとは言い難い。2回目の挑戦で手にした宰相の座。池田勇人元首相が創設した「軽武装・経済重視」のハト派、リベラル派の名門派閥・宏池会を率いる岸田氏は、どんな国の形を描くのか。9年近く続いた「安倍・菅政治」の負の遺産を清算することができるのか、それとも引きずっていくのか・・。

 第100代首相に就任し、組閣を終えて初めての記者会見に臨んだ岸田氏は、「私が目指すのは、新しい資本主義の実現だ。成長だけでその果実がしっかりと分配されなければ、消費や需要は盛り上がらず、次の成長も望めない。分配なくして次の成長はなし。私は成長と分配の好循環を実現し、国民が豊かに生活できる経済を作り上げていく」と宣言した。

 首相は衆院解散に踏み切った後、早速動く。成長と分配の好循環の具体的な政策を話し合う、首相を議長とする「新しい資本主義実現会議」を設置、内閣官房に「新しい資本主義実現本部事務局」の看板をかけた。実現会議には、「日本資本主義の父」渋沢栄一の玄孫で「シブサワ・アンド・カンパニー」代表の渋沢健氏や、AIベンチャー「シナモン」社長の平野未来氏ら15人が顔を揃えた。

この続きをみるには

この続き: 4,823文字

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

ありがとうございます!!また見に来てください♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/