元特捜検事の複眼(`21/8)

元特捜検事の複眼(`21/8)

我らの胸に深く刻まれた
真夏の「八時一五分」と「一二時零分」が到来
忘れず、忘れないための慰霊追悼式
~一分間の黙祷でもって

 広島に原爆が投下され、終戦勅書の玉音が流された時刻。この時刻に併せて官民一体となって行われる黙祷。昭和二七年五月「政府主導追悼式は宗教色のない黙祷で行う」とした閣議決定で、現在まで続く。宗教色を理由に「合掌、礼拝、お辞儀」等の伝統的作法は排除されたが、黙祷には「過ちは二度と繰り返しません」と、戦没者·被災者と一体となった「同甘共苦」と「当事者性」があって万民の腑に落ちる。されど、その間を「一分間」とするには、どれ程の合理性·妥当性があるのか?

この続きをみるには

この続き: 614文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

元特捜検事の複眼(`21/8)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/