「プ―チンは人殺し」?バイデン発言の波紋 冷静な政権首脳陣の一方でロシア社会は反発

「プ―チンは人殺し」?バイデン発言の波紋 冷静な政権首脳陣の一方でロシア社会は反発

明らかに国際儀礼に反した発言
脅し?ロシア語ではそんな意味はない

 バイデン米大統領は3月17日、米ABCテレビのインタビューの中で、「プーチンは人殺しと思うか」と質問され、「そう思う」と答えた。明らかに外交儀礼に反した発言で、ロシアでは大きな議論が沸き起こった。

 翌日、プーチン大統領は、バイデン発言をどう思うかと質問され、「お体を大事に。皮肉でも冗談でもなく、彼の健康を祈る」と答えた。また、「(人殺しと)そう呼んだ者は、そう呼ばれることにもなる」と語り、「他人を評価するのは鏡を見るようなもので、そこには常に自分をみるものだ」と説明した。

 ただ、日本では、「ロシア流の脅し」との報道が一部され、また、某テレビ局の女子アナは、報復殺人が行われるとでも思ったのか、「恐ろしい」と声を上げた。

 ロシア語では、そのような意味はなく、通常良く使われる挨拶の言葉で、バイデン大統領の老化現象進行を匂わせた発言だった。

この続きをみるには

この続き: 2,306文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

「プ―チンは人殺し」?バイデン発言の波紋 冷静な政権首脳陣の一方でロシア社会は反発

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/