📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ㉑ 起業した人間に付きまとう「偏見」 だが「100円のパン」にも魂がある

📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ㉑ 起業した人間に付きまとう「偏見」 だが「100円のパン」にも魂がある

脱サラ、起業は気楽だって?
ある新聞社の役員経験者の一言

 「日本人にとってベンチャー企業はまだ異端。色目鏡で見られることもある。政府や自治体による創業支援内容は欧米と比べても劣らないのに・・・」。先日、県内で大規模な産業支援機関のトップにインタビューした際、こんな話を聞いた。

 2013年7月に起業して以来、地域経済紙「かながわ経済新聞」という、いわばベンチャー企業を立ち上げ、新聞の普及に奔走する僕は、このトップの言葉に心底同感していた。起業後の悪戦苦闘ぶりは、当連載でも何度も取り上げていたが、金銭面の苦労だけでなく、周囲からの「色目鏡」や「偏見」も経験してきたからだ。

この続きをみるには

この続き: 2,250文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

または、記事単体で購入する

📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ㉑ 起業した人間に付きまとう「偏見」 だが「100円のパン」にも魂がある

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/